一生使おう!鉄フライパン!

>

利用する際のポイント

適切な利用を

ここからは鉄フライパンを利用するにあたってのポイントをについてご説明をいたします。
鉄フライパンを長く使うためには適切な手入れに併せて適切な利用も求められます。

雑に使うのではなくポイントを押さえて適切な利用を心がけましょう。
まず鉄フライパンを利用されます際には油を多く使用するようにいたしましょう。油が少なすぎてしまった場合にフライパンに焦げがついてしまう原因となります。他の素材でできているフライパンと同じ量の油を使用してしまうと油の量が少なすぎるといったような問題にもつながることがあります。鉄フライパンに焦げがつかないようにするためにも油の量は通常よりも多めにするようにしましょう。

また鉄フライパンを購入し、使った場合の時には油をフライパンになじませるためにもより多くの量を使うようにいたしましょう。

油ならしの必要性

最後に「油ならし」についてご説明をいたします。

油ならしは鉄フライパンに油を馴染ませるために行います。油ならしは鉄フライパンを購入後、調理の使用前に行う作業になります。では油ならしはなぜ行うのでしょうか。

油ならしを行う理由といたしましては油を鉄フライパンに馴染ませることによりサビや焦げがつくことを防止する効果があります。

油ならしの流れについてご説明をいたします。
油ならしの流れといたしましてはまずフライパンをお湯で洗いましょう。
フライパンをお湯で洗うことができましたら次にフライパンを加熱し、水分を飛ばしましょう。その後、食用油をフライパンに塗ります。フライパンに食用油を塗ることができましたらフライパンを再び加熱し、フライパンに油を馴染ませましょう。

以上のような流れで油ならしを行いましょう。


この記事をシェアする