一生使おう!鉄フライパン!

>

寿命は手入れで変わる

洗剤は禁止

では手入れが必要となる鉄フライパン。正しい方法にて鉄フライパンを手入れされますことで長期間に渡り使用をすることができます。

手入れ方法とその注意点についてご説明をいたします。まず、手入れ方法といたしましては使用後にはお湯で鉄フライパンを洗うようにしましょう。その後、すぐに水気を拭き取るようにしましょう。

水洗いの際には洗剤を使用しないようにしましょう。洗剤を使用して洗ってしまいますと段々とその後の調理で料理が焦げやすくなったりサビやすくなってしまいます。
ご自身が水気を拭き取ったとお考えの場合でも完全に拭き取れていない恐れもあります。そのため拭き取った後は中火などでフライパンを加熱するようにいたしましょう。
最後にフライパンの内側にキッチンペーパーなどで油を塗りましょう。

なぜ焦げが付いてしまうのか

手入れ方法によっては生涯利用することができる鉄フライパンでありますが調理内容によっては焦げついてしまうことがあります。
なぜ鉄フライパンには焦げがついてしまうのでしょうか。焦げがついてしまう理由についてご説明をいたします。

焦げつきの原因といたしましてまず油が十分に足りていない恐れがあります。鉄フライパンを使用する際に十分な量の油を使用していなければフライパンに焦げが付いてしまいます。
次に手入れを怠り、そのまま使用をしてしまった場合には焦げがついてしまいます。鉄フライパンを利用する場合には必ず油での手入れが必要となって参ります。
次に調理時の火力が強すぎる場合にも焦げがついてしまいます。鉄フライパンを使用して調理をする際には火力にも注意をしましょう。


この記事をシェアする